×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コラーゲンをサプリメントで補う

自然界に存在しているコラーゲンはそれほど多くないため、サプリメント以外の方法で十分なコラーゲンを取り入れたくとも、思うようにはいきません。サプリメントのコラーゲンを利用することで、不足している分を補えるのです。コラーゲンサプリメントは栄養補助食品です。食事で摂ることができなかった分だけのコラーゲンをサプリメントで摂るようにしましょう。
コラーゲンは皮膚、骨、筋肉など全身の組織に含まれているたんぱく質の一種です。人の体はコラーゲンの存在によって、新陳代謝を活発にすることができます。コラーゲンはタンパク質の三割もの量があります。身体を形作る成分の量としては、水の次点に位置しています。コラーゲンはずっと一定量ではなく、20代中盤頃から少しずつ減っていきます。
表皮の下には新しい皮膚を作る真皮層がありますが、この部分の70%がコラーゲンです。年を取ると肌のシミやくすみが増してくるのは、真皮でのコラーゲンの保有力が衰え、新品の肌を作ることが難しくなるためです。減ってしまったコラーゲンを増やすことができなければ、肌は乾燥するばかりです。そこに、コラーゲンのサプリメントの存在意義があるというわけです。

コラーゲンサプリメントの種類

サプリメントに使われているコラーゲンには、動物性のものと海洋性のものとがあります。動物から作るコラーゲンをアニマルコラーゲンといいます。少し前までは牛からのコラーゲンも作られていましたが、狂牛病が出た頃からブタや鳥が中心です。このコラーゲンは、濃いものほど独特の臭気があるようです。
対して、魚に由来するコラーゲンを海洋性コラーゲンといいます。海洋性コラーゲンは動物性コラーゲンに比べ吸収性に優れ、臭いも少なく、狂牛病などの心配もないとされているコラーゲンです。サプリメントを選択する時は海洋性のものを選ぶ方がいいようです。サプリメントは食品なので、それがアニマルコラーゲンとマリンコラーゲンのどちらであったとしても、生産履歴が明示されているものにしましょう。
サプリメントは長期にわたって継続して飲むものです。例えば魚の場合、どの海にいた魚なのか、どの部位を使っているのか、養殖物か天然物かといった情報がちゃんと載っているものが求められます。養殖魚を使って海洋性コラーゲンを作っているところでは、生産履歴がない場合もあるようです。添加物や抗生物質が入っている可能性もあるので注意が必要です。

ヒアルロン酸とコラーゲン

コラーゲンのサプリメントにヒアルロン酸を加えたものが支持を得ています。混同されがちなコラーゲンとヒアルロン酸ですが、両者の差は構造にあります。コラーゲンはたんぱく質であり、ヒアルロン酸はグリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一形態です。保水性が高いヒアルロン酸は身体の中で豊富な水を含み、保持しています。
ヒアルロン酸1グラムで6リットルもの水を保っていられるのですから驚きです。そのため、肌の潤いを保つために効果的です。コラーゲンと同じようにヒアルロン酸は年齢と共に失われていくので、サプリメントなどの方法で失われた分を補う必要性が出てくるのです。つまり、コラーゲンの役割は肌を生まれ変わらせることで、ヒアルロン酸の役割はしっとりした肌を守ることなのです。
肌のしみ、くすみなどの対策のためにサプリメントでコラーゲンを摂取し、肌を生まれ変わらせます。そして、ガサガサ肌やしわの多い乾燥肌にしっとり感を与えるのが、ヒアルロン酸のサプリメントです。両方の成分を活用して、美しい肌を維持していきましょう。美肌効果が注目されるヒアルロン酸とコラーゲンは、軟骨や関節にも多く存在し、関節痛を和らげる効果もあります。

Copyright © 2008 コラーゲンサプリメントとヒアルロン酸